省エネルギー住宅

名住協とは? 家づくりQ&A 助成金のご案内

新築住宅 次世代省エネルギー基準

政府は2020年までに全ての新築建造物の断熱化を義務化する予定です。その際には現在の基準より厳しい断熱化基準を採用して、より冷暖房に費やすエネルギー消費を抑える狙いがあります。

ゼロエネルギー化住宅も義務化予定

断熱性能+気密性能+高効率な設備+創エネ設備、という省エネ志向の技術を総動員した住宅も義務化予定されています。
工務店や請負者はこれまで以上に、高断熱高気密化工事によるコストや設備の導入費用などと消費光熱費との比較により施主様に解りやすくメリットを説明する必要性が求められます。

既存住宅 省エネルギーリフォーム

既存の住宅にも、断熱性能+気密性能+高効率な設備+創エネ設備が備わるようなリフォームが求められています。

名住協では、日々努力研鑽し、最新の技術を導入して、より効率の高い省エネ住宅を目指していきます。

Copyright(c) 2014 Nagoya Jyutaku Kensetsu Kyoudou Kumiai All Rights Reserved.