加盟希望の建築業者様はこちら

名住協とは? 家づくりQ&A 助成金のご案内

名古屋市住宅建設共同組合について

名古屋市住宅建設共同組合は、わが国の伝統建築、木の家づくりを中心に「健康と環境に優しい住宅の供給」と、伝統構法を「現代の木造建築に生かす技術」「快適な住まいへの再生技術」の開発に挑戦しています。

そのため、技術と技能向上のための講習会や、建築とその文化に関わる豊かな教養を身につける様々な研修会を開催し、また経営や法律、制度改正など迅速な情報提供を行っています。

建築事業者向けのサービス

事業者向けセミナーの開催

組合の会員向けに事業者向けセミナーを開催しております。情報を共有し、ともに学び合うことで組織が活性化され、より良い家づくりをしてもらえるように尽力しております。

共同購入等のコストメリット

組合の会員同士で一括購入するなどして、原価を抑えることができます。

保証制度の充実

組合が保証に加入しているので、会員はその保証制度を会員価格で受けることができます。

名古屋市住宅建設協同組合 趣旨

国は地方創生・地方活性化の政治ビジョンを打ち出しています。
この東海地区においては自動車産業始め工業製品の生産度は国内屈指のものづくり地域であります。
東京、大阪につぐ大都市圏であり戸建て住宅の販売も屈指の需要を誇っています。
又この地域は良質な木材の産地で木曽桧や東濃桧などの産地として全国的にも有名であります。
しかしその地元の木材が使われず林業が間伐材の手入れも行き届かない状態にあります。
なぜでしょう、家を建てる方々が有名ハウスメーカーで建てられる故に地元の山で採れる木材の需要が殆どないのです。
大手ハウスメーカーは安価な外材ばかりでまかないユーザーに届けている為大量の戸建てが販売されても地元木材関連事業者は山の手入れまでやれない状況にあります。
大手.ハウスメーカーでは豊富な資金力を武器に洗練された営業マンを多数揃え家を建てる技術はなくとも知名度と販売力に優れた営業で地元工務店を傘下にして下請け現場作業員と称し独壇場の様相です。
この業界のすそ野は広く地域には職人さんも多数います地元産材の木を使った伝統技術は若い人に承継されずこのままでまでは地元建築産業は疲弊するばかりです。将来のものづくりを担う若い力を育成する為にも、木の家づくりを一緒になって守りませんか。
ユーザーの皆様のご理解とご協力をどうかよろしくお願いいたします。
又、関連事業者の優良職人さんの応募をお待ちします。

組合に入るには

組合に加盟希望の業者様は、お問合せよりご連絡をお願いします。

Copyright(c) 2014 Nagoya Jyutaku Kensetsu Kyoudou Kumiai All Rights Reserved.