家づくりのQ&A

名住協とは? 家づくりQ&A 助成金のご案内

家づくりで後悔しないためのQ&A

お客様の不安・悩み・疑問に思うことをご相談下さい!

Q-1.複数社より相見積もりを取ったが、比較に困っている。
A:各社の見積り方法や、内装の仕様、構造や間取りにわたり様々な違いがありませんか?お施主様自身で工務店やハウスメーカーへ構造や間取り・サッシの種類、内装の仕様や見積りのフォーマット(ひな形)を提供することが可能であれば、比較検討ができると思います。
Q-2.土地探しの為、不動産会社へ足を運んだが、希望の土地は既に完売したと言われ、他の敷地を提案された。
A:よくお聞きするお話です。あなたが気に入った物件には何か理由があるからこそ、気に入ったはずです。しかし、あなたが気に入った物件はきっと人気のある地域ではありませんか。また、現地の立地条件をしっかり現場で把握やチェックをされることをお勧めします。
Q-3.工事を頼みたいが自分にあった工事業者の選定に困っている。
A:インターネットで検索しても家づくりに関わる工事業者は星の数ほどヒットします。家づくりに関する知識を持ち合わせていなければ工事業者の選択はとても大変な作業です。まずは、希望する順位(例/
第一希望:外観・第二希望:内装の素材・第三希望:間取りなど)を付けてみてはいかがでしょうか。
Q-4.家づくりにはどのくらいの費用が必要なのかわからない。
A:単に工事費用だけであればわかりやすいのですが、税金、住宅ローン借入の手数料、印紙代、登記費用、引越費用など、家づくりには実際に目に見えない(形に残らない)費用が多く存在します。これらの費用をあらかじめ建築費用として計画しておくことが必要です。どのくらいの建築費用が想定されるのかをシミュレーションすることも、当サポートでは可能です。
Q-5.見積書の内容がわからない。
A:専門的な建築用語などを沢山使った見積書などもございます。幅木?廻縁?と言った専門的な用語もございます。工事業者さんから説明を受けてもわからないことは、全て解決してから家づくりはスタートした方がいいでしょう。当サポートでは一級建築士によりわかりやすく、ご説明を致します。
Q-6.建築中に住宅会社が倒産した場合の責任は誰にあるのでしょうか。
A:当組合の「家づくりサポート」を通じ住宅会社と御契約いただいた方へのサービスとなりますが、完成保証制度と言う保険によるサポートを付帯しご利用いただくことを義務づけております。また、登録工務店の厳選を行っているのでご安心ください。
Q-7.アフターメンテナンスは誰が行うのでしょうか。
A:「家づくりサポート」にて、施工を行っていただいた工務店が自らメンテナンスを行うことが義務付けとしています。長期優良住宅については、維持・管理面を含めて、定期的なメンテナンスを行います。
Q-8.ハウスメーカーと商談中であるが、このまま契約をしても大丈夫か不安である。
A:不安があるのでしたら、一度足を止めてみてはいかがでしょうか。「予算面が」「キャンペーン期間が」「引っ越しの日程が」など様々な理由があるかと思いますが、あなたご自身の都合で不安があるのか、それとも施工を行っていただくハウスメーカー・工務店の都合で不安があるかにより、大きく今後の家づくりに影響を及ぼす可能性もあります。
Q-9.同じ「家」を作っているにも関わらず、ハウスメーカーと工務店の違いがわからない。
A:ハウスメーカーと呼ばれる定義は曖昧ですが、一般的には大手住宅メーカーのことを、「ハウスメーカー(HM)」と呼んでいます。テレビCM等でお馴染みの大手を始めとする家づくりの会社たちが、安さやデザイン性やクオリティを売りにしながら独自のノウハウを元に、行っています。 一方、「工務店」とは、それに属さない地域密着型の小規模なメーカーのことをいいます。独自のノウハウを確立させている所もありますが、土地柄に詳しく、地域の気候や風土を活かした家づくりをしてくれます。派手な広告は打たずに、口コミや世代で受け継がれていることも特徴です
Q-10.入札を行うことによってのメリットはなにがあるのですか。
A:プロの相談員が入ることにより、公平性を保った入札を行うことができ、見積書の比較検討や構造の相談なども相談員へ行うことができるのがメリットとなります。例えば、お施主様自身で工務店やハウスメーカーへ公平性を求めても、お施主様自身がプロでない限り整備することは不可能に近いかと思います。相談員が間へ入ることにより、公平性を保つ整備を行うことが出来ます。
Q-11.工務店と契約を済ませ、工事も着工しているが、相談可能でしょうか。
A:契約なので、工事そのものは難しいと思います。別の第三者管理機関などについては、当組合へご相談いただければ、対応させていただきます。(第三者管理とは、工事契約がされている以外の機関やそれを業としている会社等です。)
Q-12.近くのハウジングセンターなどを見て回りましたが、ハウスメーカーより工務店の方がリーズナブルに建てられると聞いたことがありますが、いかがでしょうか?ハウジングセンターの家を作ったり、あの場所を管理したりの費用はどこから出るのでしょうか?
A:展示場などの維持・管理についての必要経費が見積書の一部へ載っていても、会社なのでおかしくはないでしょう。分業制で関わる社員も多いので、会社全体の維持費は必ず見積書のどこかへは反映されているものです。 工務店でも展示場がある所もありますが、少数派で、そこに費用をかけている会社は稀です。 反対に大手は企画住宅や大量仕入れなどによりコストは抑えてますが、先に述べた様な事もあり、コストは上がります。 当組合では、工務店の弱点となる、仕入れや保証制度の問題などの様々な問題に取り組み、より地域密着型の住宅提供を行ってます。
Q-13.現在ハウジング展示場や完成現場見学会へ足を運んでいます。しかし、どのメーカーさんも工務店さんも言うことが異なり、何を信用すればいいかわからず困っています。
A:お客様の疑問点にもよりますが、営業マンや会社の取組み方などにより、間違った情報が営業マンに伝わってしまっていることもございますので、注意しなければならないことです。取組み方の違いとは、行っている工法の違いにより考え方が違う点です。 そこには、長所や短所があり、相反する事に繋がる場合もあります。 自分にとってベストな選択は何か?当組合の勉強会や相談窓口にてお伝えさせていただきます。

お問合せいただければ、担当者からご返答いたします。

Copyright(c) 2014 Nagoya Jyutaku Kensetsu Kyoudou Kumiai All Rights Reserved.